どうも、しゅうです。

今日は、僕が20歳の頃の大学生の頃の

ネトナン初心者時代に夢にまで見たGカップをセフレにしたという

爆乳ちゃんとの初体験の時のことを書いていきます。

しかも彼氏持ちの女の子でした。

 

今では僕は数々の巨乳ちゃんやスタイル抜群ガールを抱いてきたのですが、

中高時代は全くモテなくて好みのタイプの女性には連続で15人も振られ続けてましたし、

経験人数もかろうじて付き合ってくれた女の子たった1人しかいませんでした。

 

ですが、高校を卒業してから出会い系やSNSでネトナンを始めたことによって

僕のAVの前でオナニーするだけの人生が予想外に大きく好転しました。

 

中でも中学生の頃からAVを見るときはいつも巨乳ものばかりだった僕にとって

初の素人爆乳女子との体験は夢が叶ったかのように特別なものでした。

リアルと違って後腐れや自分の評判を大きく落とすこともないですし、

ナンパのように強い勇気や行動力もいらないので、ネトナンは最強です。

話が大きく飛ぶ前に、忘れられないネトナンでの爆乳との体験記を詳しく話していきます。

その前に色々前置きを話そうと思う。

ネトナンで爆乳素人を家に連れ込んでセフレ化した話

高校を卒業して大学に入って1人暮らしを始めた僕はネトナンを始めた

まず、僕は地元と大学が距離がかなり離れていることから、一人暮らしを始めました。

中学高校時代は15人にも振られて、

価値の低い非モテ化していた僕は大学ではやみくもな告白をしてダサい男にはなりたくないと思っていた。

そんな時にネトナンに出会って、最初は失敗続きだったのにも関わらず、

ネトナンでの家に連れ込んで楽しい体験に成功した。

僕が18の時に初めてネトナンでJDと即をして超嬉しかった時の話

だが、そのままネトナンばかりするつもりもなく、

恋愛やネトナンで学んだ知識をもとに行動すると榮倉奈々似の3つ下の彼女ができた。

JKの彼女ができては振られる悲しい大学1年生の日々

だが、この後には3つ下の地元のJKと1ヶ月くらい付き合ってふられたw

それは遊びでもなく本気だった。

可愛かったし、性格も良かったけれどなかなかメンヘラだったのだ。

確か花火大会の日にあっさりふられてしまうという悲しい思い出がある

 

その後には1つ下のインテリ系のJKと付き合ってそれも振られたw

2人とも処女だったが、怖いとのことだったので奪うことはできなかった。

それ以外は好き放題したのだけどw

当時は18なので、JKといっても年がかなり近かったのだ。

 

ちなみに浮気はしないと決めていたので、彼女がいたときはネトナンは全て中止していた。

でも、女に振られ続けて悲しい日々を送っていた僕はそこまで大きな期待も持たずにまたネトナンへ戻る

ハッピーメールで出会ったJD女子が急に泊まりにくることになった

今考えるとかなり驚きなのだが、ハッピーメールで1人の女性と仲良くなった。

確か当時はまだラインが普及していなくて、直メールにうつって楽しくメールをしていた。

顔を見ると可愛い感じの女の子で、電話をするとアニメ声。

なかなか最高な感じじゃないかと思っていたが、そのときは単に仲良くなるくらいのことしか考えていなくて、

会ってはめるという考えはそんなになかった。

 

でも、12月の年末前の頃に急に遊びに来ることになって一緒にDVDでも見ようよということになった。

ちなみに最初から泊まりにくる女性は9割がた期待していると認識しても良い。経験的には100パーではない。

で、冬の寒い中の夜に駅まで迎えに行くと可愛いムチっとしたアニメ声のロリ系がいた。

家に来ると、Tシャツがはち切れそうなくらいの爆乳ということに気づく

家に呼ぶと、アニメ声のその女子はコートを脱いだ。

すると、明らかに爆乳だろ!というくらいTシャツの胸元が元気なこと。

爆乳好きの僕にとってはただ事ではない。

しゅうの心の声「こんなに爆乳の女性なんてあまり見たことがない。何カップあるのか?」

こうなると、DVDなんて全く集中できない。

でも、メールでもあまり下ネタを言っていなかったので、すぐに手を出すことはしなかった。

で、確か世間話とか色々としゃべることにした。

たがしかし、どう考えても今が超チャンスなことには違いない。

世間話をやめて泊まりに来たJDに爆乳のことについて質問してみた

僕「ねえねえ、胸めっちゃ大きくない?」

JD「そうかなあ?確かにちょっと大きいかもしれないですね」

僕「まじかー、そんなに大きい人を見たことないなー、」

JD「そんなこと言われたら恥ずかしいですよー」

僕「ちなみに何カップあるのー?」

JD「Gカップありますね!」

僕「そのおっぱい見てみたいなー」

JD「みたいんですか?みます?」

 

なに????憧れの爆乳をみますだと?

これは大チャンスだ!!

ということで

僕「うん、みたいー!」

JD「えー、恥ずかしいので電気消してくださいね」

 

ロリJDのGカップ爆乳を見せてもらえることになった。見るだけで済む訳あるか!

で、電気を小球にすると、ボリューム満点の美しくて白いGカップがあらわになった。

もう見るだけでは我慢ができなくて、両手で鷲掴みをすることにした。

最高潮に興奮したので激しく揉みまくった。

すると、JDの反応は

JD「いやーん、あん、あん」と喘ぎ始めた。

どんどんエスカレートして揉みしだいては、舐め尽くした。

 

その流れでズボンを脱がしてパンツを下げた。

すると、なぜかパイパンだったという。

彼氏の好みらしい。

 

で、舐めようとしたら

JD「舐めるのはだめ!されたことないもん!」

と言われたが、構わずにアニメ声の爆乳JDのパイパンを舐めた。

JD「ああああーん、やばいよ、これ、だめだめええー」

とかなり感じていた。

しかもまさかの舐めただけで逝ってしまった。

 

JD「しゅう君はえっちうま過ぎですよー。慣れてません?」

と敬語で聞かれたが、当時の経験人数は片手で数える程度しかいなかった。

 

で、夢のパイずりをさせて舐めさせていざ、本番しようとするとゴムがないという事件が

するとJDが「このまま生でも良いよ!」

まじかよー!エロすぎるじゃないかw

ロリJDのGカップ爆乳を生ハメで堪能した

で、生で正常位、騎乗位、バッグと堪能しまくった。

すると、JD「大きくて奥に当たるからいっちゃうよー!」

と連続で中いきしていた。

で、2回戦もそのままして、お泊まりすると次の日の朝にはまた3回戦をした。

締まりが良くてデカパイは揺れまくりだし気持ちよすぎるという。

もうこの上ない至福の時だった。

 

ずっと憧れていた爆乳がもう最高すぎて夢のようだった。

これを機にしばらくの間セフレ化したので、

メールを1通送っただけで家に遊びに来ては、やりまくったというw

 

ラブホに行くことがあったり、

Tバックを履かせてみたり、

カーセックスをしたりと色んなことを試した

ネトナンや恋愛を学んだおかげで非モテの僕が憧れの爆乳をキープできた

高校時代というのは、可愛い女の子やセクシーなこというのは、

運動部やヤンキーに取られてしまって、

非モテで価値の低いレッテルが貼られた僕に出る幕などなかった。

しかも、そういう男にはよく自慢されてばかりだった。

だかrあ、家でAVを見ては「いつかは俺も!」と願っていたが、

現実問題、爆乳を抱ける機会は全くなかった。

 

だが、ネトナンができたからこそ僕は夢の爆乳女をセフレにすることができた。

しかも相手も望んでいたことだったし、

お互いに後草れなく都合良く遊ぶことができた。

ハッピーメールバナー

ハピメはマジで出会えるのでおすすめ。

 

ナンパの勇気もなくてリアルでもモテない僕にとってインターネット上でのナンパは

どん底の非モテから爆乳を好き放題揉めるところまで僕を変えてくれた。

しかも恋愛に関して学んだから、この後にはマドンナ的な彼女ができて純愛を1年半も楽しめることになった。

 

 

大学生で非モテはネトナンをして女性の経験を増やすべき!

大学生というのは、時間が最強にあるし恋愛やネトナンをするには絶好の機会だ。

モテない君からモテ男になるとマジで人生が変わる。

そして、僕のようにどんなに非モテやブサメンでも学べば変わることができるのだ。

 

大学生のうちから恋愛を学んでネトナンを始めて女性に慣れておくことをお勧めする。

モテたり女性遊びを経験しておかないと、

本当に愛すべき女性が目の前に現れた時に非モテの行動をとって他人にとられてしまう可能性もあるし、

非モテの行動をとっていては女性からキモがられてしまう。

 

僕の知り合いで40歳のサラリーマンで貯金は一千万もあるのに、

非モテから抜け出せずに苦しんで居る人がいるが、

その人は年齢のことを気にしても仕方ないので今すぐに恋愛を学ぶべきだけど、

大学生のみんなはそうなってしまう前に恋愛や女性について学んで経験を積むべきだ。