初めまして、あきらです。

しゅうさんのブログを見ている方からしたら、いきなりお前誰だ?ってなりますよね。

僕はしゅうさんの発信を見て、しゅうさんからネトナンについて色々教えてもらっている29歳の社会人の男です。

 

昔のしゅうさんの様に、僕も女性にモテずに悩んできました。

学生・社会人時代ともに可愛い女子たちにコソコソ裏で馬鹿にされ、気持ち悪がられ避けられてきました。

そして僕も、しゅうさんと同じ様に恋愛心理学を学ぶことにより、可愛いと思える女性たちから求められるようにもなり、自分に自信を持つことができて、間違いなく人生が良くなりました。

 

非モテ時代には同級生の可愛い女の子たちには馬鹿にされ気持ち悪がられていた僕でしたが、

モテるようになってからは、飲み屋で知り合った元No.1キャバ嬢とその日にホテルに行って朝まで過ごしたり、

行きつけのバーの常連美女(彼氏持ち)とバーを抜け出しキスまで余裕でかましてみたり、

他の同僚の誰もが話しかけて仲良くなろうと躍起になってる職場のマドンナ的存在のほうからデートを求められるようになれました。

 

現在は、リアルで知り合った可愛い女の子達から求められる一方で、

リアルだけで出会いを求めるにはあまりにも効率が悪すぎると思い、可愛いセフレをもっと効率的に増やしたい!という欲望から、

しゅうさんにネトナンを駆使した出会いの効率の良さや、新たな恋愛知識を教えてもらっています。

 

この記事を読んでくれている方は、

「で、じゃあなんでお前が出てくるんだ?」

ってなると思います。

 

実は僕、出会い系サイトで、サクラとして2年位働いていました。

 

当時は長く勤めた会社を辞めてニートをしていた時期で、

ネトナンするにしても、まず課金するお金ももったいないし、デート代すら厳しい状況でした。

だから、お金も稼ぎながら、出会い系について学ぼうと思ってサクラとして働き始めたんです。

 

出会い系サイトやマッチングアプリでネトナンをゼロから始める時はやはり僕も怖かったのです。

「騙されるんじゃないか?」

「怖いお兄さん出てきたらどうしよう」

「警察沙汰とかにならないよな…?」

元々お金もなかったというのもありましたが、

こんな事が気になりすぎてしゅうさんからネトナンを教えてもらっているにもかかわらずずっとネトナンを出来ずにいました。

 

だから、ネトナンをしたいけどなかなか実践に移せなかった過去の僕みたいな人に元サクラの立場から、

安心して出会い系やマッチングアプリを使ってもらえばなと思ってこのようにブログに登場させてもらいました。

 

僕自身、しゅうさんに出会う前は恋愛心理を勉強してモテるようになったので、それも合わせてこの記事では、

非モテだった僕がモテるようになり、しゅうさんと出会ってネトナンの可能性に目覚め、そしてサクラとして裏事情を知り尽くすまでの僕の自己紹介をしていこうと思います。

同級生女子から気持ち悪がられ、恋愛と女性から逃げるように男ばかりで汗臭い工業系進路に

僕は、中学時代は同級生女子に気持ち悪がられるレベルでの非モテだった。

身長も小さく、歯並びも悪く、おしゃれにも疎く、顔もかっこいいわけではない。

勉強が出来るわけでもなければ、スポーツが得意というわけでもない、

マジで取り柄という取り柄が何一つないどころか、むしろすべてに置いて劣っているレベルの男だった。

そのくせ、人一倍女性、というか女体には興味津々で、すでに中学時代からオナニーを週3~4回ほど繰り返す猿だった。

 

だがリアルでの女性に対して異様に緊張してしまい、女性と話すことになればどもりまくりのキョドりまくり。

同級生の女子たちには影でコソコソ馬鹿にされてきた。

居ても居なくても変わらないようなモブ中のモブキャラみたいな男だった。

 

ある日、女子からモテているイケメン友達が女子二人と買い物に行くからお前も来なよと声をかけてくれて、

本当は嬉しくて嬉しくて、その友達に泣いて土下座したいくらいありがたかったのに、

何もなし得てないのに無駄に高いだけのプライドから、

「あー、そうだね、行ってもいいよ。」

とかいう意味不明な上から目線で誘いに乗り、生まれて初めて女性とプライベートで街に出る、ということをした。

だがそこでもどうやって女性と接したら良いかもわからず、その場でも、僕が目の前にいるのにその女子二人からコソコソ陰口を叩かれ、

挙句の果てにその女子二人から間接的にさっさと帰れと言われ、泣きそうになりながら一人で家に帰った。

 

その日から、クラス中の女子からコソコソ言われていた悪口が聞こえるレベルの声になり、僕は女性恐怖症になった。

そこから女性と恋愛から逃げるように工業高校に進み、その後の就職も女性などほぼ居ないような工業系の仕事に着いた。

大好きになった女性から犯罪者認定されて死にたくなったのがきっかけで、恋愛心理を学んでモテ男として返り咲く

男しか居ない就職先の先輩に連れて行ってもらったお姉ちゃんたちがいる飲み屋で、人生一代と思えるほど惚れた女の子がいた。

だが女性と恋愛から逃げてきた僕は、その大好きな女性を目の前にしてキョドりまくりのどもりまくり。

でも諦めきれなくて、何度も何度もその女性に告白しまくったり、メールを送りまくっていたら、最終的に

「本当にやめてください。彼氏が警察に言えって言ってます。」

とストーカー認定までされた。

 

マジで、俺は何なんだろう。

俺がなにか悪いことをしたのだろうか。

ただ、貴女が好きなだけなのに、女性が好きなだけなのに。

大好きな女性から犯罪者として認定されるのは、本当に辛かった。

消えてなくなりたい、そんな思いをずっと抱えながら生きていた。

でも死ぬことなんて出来ないし、そこまで言われてもまだその子のことを諦めきれなかった。

 

だから、いつもはオナニーにしか使う用途がないパソコンで、恋愛について調べて見た。

そこで出会った、恋愛について書かれたブログ。

そこに書かれている内容が面白くてためになって、どんどん何記事も読んだ。

そして読んでいくうちに、自分がどれだけモテない行動や考え方をしていたのかと思い知らされて、読んでいるだけで恥ずかしくて消えたいような気持ちになっていった。

 

今はこんな俺だけど、俺だってモテる男になって美女を抱きたい、美女から求められるようなかっこいい男になりたい。

そんな思いから様々なブログから情報をかき集め、情報商材なるものを買っては勉強しまくっていった。

そこからは、職場には女性が居ないので、よく行く飲み屋さんで知り合った女性だったり、

友達からの紹介で開かれた合コンで、学んだ知識を使ってみることにした。

 

学んだ知識を使うようになってからというもの、明らかに女性の僕へに対する対応が変わっていった。

目の前にいる女性が、明らかに自分と話して楽しんでくれている、喜んでくれている、なんなら僕を求めてくれている。

 

♀「ねー、一緒にカラオケしよー(酔っているからか、腕に抱きついてきて)」

♀「え?彼女居ないの?さすがに付き合ったことないとかは嘘すぎるでしょw」

♀「(小声で)ねぇ今度二人だけで飲もうよ♪連絡先交換しよ」

 

こんな機会が増える様になった挙げ句、よく飲み行く飲み屋さんで知り合った元No.1キャバ嬢と店長さんのはからいで仲良くなり、一緒に飲んで、

そのまま学んだ知識通りにその日にホテルに誘ってみたら、なんとOK!

そのままホテルに行って外が明るくなるまで濃厚にヤリまくった。

 

エロい尻を叩かれて可愛い声して感じるようなドMだったらしく、僕の奥底に眠っていたドS魂を発揮させて何回もヤりまくった。

ちなみに、これが僕の童貞卒業だった。

 

女の子の体ってこんなに柔らかいのか!ヤバイ、抱いてるだけで興奮が止まらない。

可愛すぎるし気持ちよすぎ。

腰を振っている最中に濃厚なキスをトロンとした顔しながら求めてきて、

嬉しい、とかの次元を超えて、男としてというかオスとして満たされた。

 

メスから求められているという気持ち、というか本能的な感覚は言葉にできないレベルの感覚だった。

リアルでの出会いの効率の悪さに嫌気が差していた時、ネットでしゅうさんと出会うが、お金がないのでサクラとして働く

とはいえ、リアルで出会いを求めるということはあまりに手間が大きかった。

いちいち飲み屋に行ったり、合コンがないか友だちに聞いてみたり。

もともとめんどくさがりで可愛いと思える女としか話す気も起きないような僕には、リアルだけで出会いを求めたらあまりにも手間も時間もかかっていた。

その悩みをネットで検索していた時に、しゅうさんのブログに辿り着いた。

 

ネトナンの存在自体は知っていたし、ネトナンしている友達もいるにはいたが、

心配性の僕は出会い系サイトやマッチングアプリを使うことにかなり抵抗があった。

「騙されるんじゃないか?」

「怖いお兄さん出てきたらどうしよう」

「警察沙汰とかにならないよな…?」

ネトナンに不安な気持ちが多くあったが、しゅうさんが発信している内容が気になり、TwitterからDMを送ってみたところ返信もあって、いろいろとネトナンについて教えてもらっていた。

しかし当時、長らく勤めた会社を辞めてニートをしていた時期で、

ネトナンするにしても、まず課金するお金ももったいないし、デート代すら厳しい状況だった。

そこで思いついたこと。

 

「出会い系サイトのサクラで働けば良いんじゃね?」

 

それならお金も稼ぎながら出会い系について学べる。

早速僕は、少し怪しげな求人サイトから募集をして、サクラとして働き始めた。

サクラという裏側からの目線を得て、さらにネトナンの可能性を感じる

今ではサクラという仕事は辞めているが、このサクラの仕事で得られるものは大きかった。

女性として、本物の女性ユーザーとも絡んで気持ちを聞いてみたり、

ネトナンをしても会えないモテない男たちの振る舞いを観察できたり、

という経験を出来て、かなり勉強になったからだ。

そしてしゅうさんから教えてもらっていたネトナンについての知識も、仕事を通してかなり深くまで知ることが出来た。

 

とはいえ、サクラの仕事を勧めているわけではない。

詳しくは言えないが、自分自身本当に大変な目に会った。

今では普通にその後就職した会社員として勤めている。

 

これからは、ネトナンを本格的に実践していって、大事に思えるセフレたちを増やしていきたいと思っている。

その実践記や、実践を通して学んだ気付き、さらにサクラで働いた経験を元に安全にネトナンするやり方や考え方を、

このブログを通しながら発信していきたいし、何よりセフレを今よりもっと手軽に増やしたい。

 

長くなりました汗

ここまで読んでくれてありがとうございます!

よろしくおねがいします!